メニュー

毎月いくらの返済になるか

消費者金融を利用した時の毎月の返済額は、これから利用を考えている人にとって気になる所の1つです。毎月の返済額についての規定は、利用する消費者金融によって違いますが、借入額に対して変動していきます。プロミスを例にとって、どのように借入れをすると、どのように返済額が変わるのかを紹介します。

 

プロミスは残高スライド元利定額返済方式を採用しています。借入をした時点での借入残高によって、返済額がその都度決まります。

 

借入残高が30万円以下の場合、借入残高の3.61%が返済額で、1,000未満は切り上げとなります。借入残高が30万円超~100万円以下の場合、借入残高の2.53%になります。借入残高が100万円超の場合、借入残高の1.99%となります。いずれも1,000円未満は切り上げとなります。

 

例えば5万円借りた場合、3.61%の1,805円を切り上げて、2,000円が毎月の返済額となります。毎月2,000円返済すればいいのですが、それ以上の額の返済も自由に行えます。

 

もしも5万円借りた後に1万円分返済して借入残高が4万円になったとしても、新たな借入れをしなければ返済額は毎月2,000円です。ただし、その時点で6万円借入れして、借入残高が10万円になった場合、毎月の返済額は3.61%の3,610円を切り上げて、毎月4,000円に返済額が上がります。

 

他社では基準値の違いはあれど、大まかな仕組みは同じです。ただし金額だけを見るとプロミスは消費者金融の中でも毎月の返済額が少なくなっているため、少しずつの返済でカードローンキャッシングを利用したいなら、消費者金融の中であればプロミスが良いでしょう。

 

契約や初回の融資が早いのもプロミスの良さでもあり、土日でも釧路郡のプロミスで即日融資のように地方でも最短で当日の借入れの利用も可能となるために助かります。